お問い合わせ番号:S202
特集
お問い合わせはこちら

  1. トップページ>
  2. 特集>
  3. ネット通販の経理記帳代行
特集
bg
ネット通販の経理記帳代行

経営サービス研究所の経理記帳代行はネット通販の方も多いです。
ネット通販業のお客様で考えられる申込は以下の3つのシーンが多いようです。

 

♦ シーン1:領収書や請求書が1年分もたまっている状態
ネット通販を開業したばかりのAさんはネットの波に乗り一気に売上を伸ばして、
毎日笑いがとまらない状態が続いている。
バイクやバイクの部品を全国に販売しているが、レアものもあり全国から注文が来る。
古物商の資格もとっており順風満帆であった。
ある日、古物商の先輩からもうかっているみたいだけれど、経理の帳簿や決算は大丈夫?
と聞かれて思わず息をのんだ。
そうだ全く帳簿などつけていなかったのだ。

ただ、幸いなことに売上はすべて銀行の通帳に記帳されているので安心であったが、
面倒なのは経費関係であった。
請求書や領収書が散乱しており、ダンボールに投げこまれていた。
しかも1年分もたまっていた。

これは「いかん」と思い、すぐにネットでどこか処理してくれるところがないか検索してみた。
どこをみても月1万円以上、安いところは何か信頼できそうにもないホームページの作りであった。

 

♦ シーン2:会計事務所に払う料金が苦しい
地方の名産品のネット通販を3年もやっているがどうもうまくいかない。
当初はうまく行っていて、結構売上もあったので帳簿も会計事務所に月2万円も払えていたが、
このところは苦しい。
どこか安くて、しっかりしたところがないか思っていたがなかなか見つからなかった。

 

♦ シーン3:年間20万を半額にできないものか
海外から仕入れた食器や雑貨を販売するネット通販を始めてから全く損ばかりが続いている。
3年目が勝負だ。どうもうまく行かない。
税務申告も欠損金が続いている。会計事務所に頼んでいたが年間20万円もかかり、
半額になるところを探している。
続けて申告しないと欠損金の繰越ができなく場合があるので申告はしなけばならない。
利益がでればこの欠損金と相殺して税金を払わなくてすむ場合があるので
何とか継続して申告したい。どこか安いところはないか。